高井歯科医院Blog
| 出っ歯は小学生低学年から治せます。 見過ごさないでください。

出っ歯は小学生低学年から治せます。 見過ごさないでください。

(2019年7月16日 9:12 AM更新)


 

こんにちは、高井歯科医院です。

 

梅雨のぐずついた天気が続いていますね。みなさん体調は大丈夫ですか?

 

今回もお子さんの歯並びの話です。

 

お子さんの歯並びが悪くて心配している親御さんは多いと思います。

 

かかりつけの先生に質問して「永久歯が全部生える中学生まで様子をみましょう!」

 

と言われたかたもいるのではないでしょうか?

 

また通常の矯正治療は永久歯を数本抜いてスペースを作り、ワイヤーで整えます。

 

確かに大学では今でも学生にそのように教えています。ですがここ20年ほどで歯並びの治療は大きく変わってきています。

 

 

 

写真は当院で治療をしている10歳の男のです。上が平成30年3月22日、下が令和元年7月9日のものです。

 

つよい出っ歯だったのが、1年半ほどでずいぶん綺麗な歯並びになったのがわかりますか?

 

当院の治療ではこの男の子の歯を抜いたり、ワイヤーを使っていません。

 

小学校低学年で治療を始めれば、大抵の悪い歯並びは「歯を抜いたり、ワイヤーを使わないで」に綺麗に並べることができます。

 

通常のワイヤー矯正もメリットがありますが、抜かない矯正の健康上のメリットはとても大きいです。

 

また早期に治療を始めれば、治療費を安く抑えることもできます。

 

ぜひ小学生低学年の「歯並びを良くするチャンス」を逃がさないようにしてください!

 

 

 

※親御さんに了解を得て写真を掲載しています。

 

※治療方法、結果には個人差があります。

 

 

 

 

 

 


前へ:«
次へ: »
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Blogメニュー


関連タグ
ADHD MRC T4K いびき、おねしょ、はぎしり おやつ むし歯予防 アスペルガー トリガーポイント ペインクリニック ホワイトニング、安全なホワイトニング、安いホワイトニング ムーシールド ムーシールド、バイオブロック メタボリックシンドローム、肥満、脂肪肝、糖尿病、誤嚥性肺炎 代謝、糖質制限 口腔ガン、舌ガン、膵がん、大腸がん、肺がん、乳がん 咬みあわせ、咬合、歯を守る、痛くない治療、神経を守る 唾液でがん検査 姿勢 小児矯正、ムーシールド 東北大震災、チャリティー、甲状腺、NPO、そらちね 機能矯正学界、高井歯科医院、症例発表、バイオブロック、MRC,小児矯正、抜かない矯正 歯周病、口腔ケア、糖尿病、周術期 渕稲葉勉強会、補綴、かみ合わせ、総義歯、総入歯、オクル‐ジョン 病巣疾患、慢性上咽頭炎、Bスポット、口呼吸、感染根管、掌握嚢胞、アトピー 発達障害 発達障害、うつ、不登校 睡眠障害、呼吸障害 矯正 胃ろう防止 自立支援 良くかめる入れ歯 虫歯 スポーツドリンク 糖尿病 運動、スポーツ、パフォーマンス、口腔環境、口腔衛生 隠れ貧血 高タンパク 低糖質 高井歯科医院 入れ歯 認知症 高井歯科医院、求人、歯科助手 高井歯科医院 小児矯正 機能矯正 抜かない矯正 鼻うがい、インフルエンザ予防、あいうべ体操

▶Blogトップへ戻る