高井歯科医院Blog
| 2019 | 6月

日曜日に2つのセミナーに参加しました。

(2019年6月17日 9:07 AM更新)


 

こんにちは、高井歯科医院です。

 

日曜日は群馬で小児矯正で高名な北村、吉田両先生による歯並びのセミナーとペインクリニックで高名な木村先生による非歯源性疼痛に関するセミナーの二本立てに参加してきました。

 

 

北村、吉田先生はお子さんの歯並び、とくに発達に障害をもつお子さんを多く受け入れており、並列して保育園も開園してお子さんの成長に大変熱意を注いでいます。

 

今回も奈良・さわやか歯科での実際のおこさんへの取り組みと、新たな試みとして、プロスポーツ選手への関わりについてお話してもらいました。

 

お子さんだけでなく、プロのスポーツ選手でも呼吸と睡眠、歯並びはとても重要で成績に直結することがわかり、大変驚きました。

 

木村先生の非歯源性疼痛とは口腔内に原因はないのですが、歯に痛みが出てしまう症状のことです。

歯科医師からするととても難しい状況で、なかなか完治させることができません。

 

ですがエコーの機械を使いながら、痛みの原因をさぐり、本当の痛みの原因を探すという方法は我々歯科医師と患者さんに素晴らしい恩恵があります。

 

自分の休日は潰れてしまいましたが、爽やかな天気のもと、多くの学びがあった良い一日でした😊

 

 


 >>Blogメニューへ


入れ歯のセミナーに参加しました!

(2019年6月4日 8:35 AM更新)


 

こんにちは、高井歯科医院です。

 

金曜、土曜日は病院のお休みをもらって、前歯でも噛める入れ歯研究会のアドバンスコースセミナーを受講しました。

 

 

この治療法は今まで噛みやすい入れ歯の治療方法でして、普通の食事でもかなり固いモノでもかめるようになります。

 

また人によっては運動機能や認知症の改善がみとめられることもあります。

 

入れ歯は噛めない、入れたくない!という人が多いと思います。

 

ですが入れ歯も多くの種類があり、よい技術で作った義歯は人生を豊かにします。

 

保険でももちろん噛める入れ歯はつくれますが、保険を使わない治療法ではより快適に、美しい義歯も作れます。

 

また良い入れ歯は修理や定期健診を行えば10年~20年と長く使えます。

 

もちろんご自身の歯が一番大事ですが、ある程度の年齢になるとどうしても入れ歯を使う時は出てくると思います。

 

長い人生において、美味しく食事をするうえでも入れ歯はとても大切なんです。

 

食いしん坊の私は余計そう思います!

 

入れ歯についてお悩みや質問があればぜひ、院長に聞いてみてくださいね。

 


 >>Blogメニューへ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Blogメニュー



▶Blogトップへ戻る