高井歯科医院Blog

院内の衛生環境を保つため、新しい機械を導入しました! 

(2020年2月17日 8:44 AM更新)


 

こんにちは、高井歯科医院です。

 

先日新しい機械を病院に導入しました。

 

ATX(テクノスーパー)502という強酸性水、強アルカリ水などの数種類の特殊な水を作る装置です。

 

特に強酸性水は非常に殺菌効果が強く、多くの食品工場や病院に使われています。

 

細菌だけでなく、ウィルスにも効きますのでインフルエンザ、肝炎、HIVなどの予防にもなります。

 

 

このようにとても強い殺菌作用がありながら、食品加工の場にも使われるぐらい安全性も高く、当院では様々な治療や、患者さんの処置後のうがいにも使っています。

 

また殺菌効果が終わると無害になるので環境にも優しいと言う側面もあります。

 

病院での消毒や治療にも、家庭でのアトピーのお子さんの皮膚の洗浄、洗濯、器具の消毒など非常に多岐に使えるのがこの強酸性水なんです。

 

実際日々のお口のケアで購入されて、家で使っている患者さんもいるんですよ※

 

このお水は今話題のコロナ、インフルエンザへの消毒にももちろん効きます。

 

手指、目、鼻をこれで洗うと安全に消毒と予防ができます。

 

中々消毒用のアルコールが手に入りづらくなってますが、当院ではこのように強酸性水で院内の消毒も行い、

 

皆さんを感染から守るように努めています☺️

 

 

 

 

 

 

※殺菌作用が強く、環境に優しいという特性の反面、効果の寿命が短いです。購入後1〜2週間程度で使い切ってください。

 

※通院中の患者さんのみ販売しています。強酸性水のみの販売は行っておりません。

 

 

 

 

 

 

 


 >>Blogメニューへ


マスクよりも鼻呼吸

(2020年2月2日 8:15 PM更新)


 

こんにちは、高井歯科医院です。

 

早いものでもう2020年も2月に入ってしまいました。

 

ここのところコロナウィルスのニュースでもちきりですね。

 

いろいろ怖い噂がひろがり、薬局さんからマスクと消毒液が消えてしまったようです。

 

さてここで皆さんにお話なのですが、実は通常の簡易マスクはコロナウィルスやインフルエンザから自分を守ることはできません。

 

もしそのようなウィルスから身を守るためにはN95という特殊な規格(またはサージカルマスクDS2規格)のマスクが必要になります。

 

 

 

これは見た目通り、かなり装着性が悪く呼吸も苦しいのでそもそも一般の方が長時間使うのに向いていません。

 

ではなぜ通常のマスクをするのか?

 

それは自分が感染している場合、他の人にうつさないためなんです。

 

ではどのようなことがコロナ、インフルエンザに効くのか?

 

それは鼻呼吸と口、鼻、目、手指の消毒です。

 

これらはまちがいなくウィルスから身を守ってくれます。

 

鼻は高機能のマスクと同じ役割をするんですよ~。

 

ですのでマスクが手に入らなかったと落ち込まず、あいうべ体操と口テープ、そして鼻うがいをいつもよりしっかりしてもらって、これからの季節を乗り越えていきましょう!

 

 

 


 >>Blogメニューへ


2つのセミナーに参加しました。

(2020年1月14日 8:56 PM更新)


 

こんにちは、高井歯科医院です。

 

1月12日の3連休の中日に、2つのセミナーに参加しました。

 

1つは金子雅俊先生による、「分子整合栄養医学」という栄養学に関してです。

 

 

 

 

 

ノーベル賞を2度受賞しているライナス・ポーリング博士が提唱し、オーソモレキュラーという名前でも知られています。

 

簡単に概論を述べると、「それぞれの血液検査をして身体に必要な栄養素を知り、それを既存の栄養学より多めに摂取することにより病気を治す、又は予防する。」というものです。

 

実際にその栄養学を実践された人の意見を聴くと、かなり体調に良い効果があるようです。

 

その分子整合栄養医学の歴史的成り立ち、またポーリング博士のお人柄なども学ぶことができた良いセミナーでした。

 

 

もう一つは私も参加している病巣疾患研究会でも活躍している今井一彰先生のセミナーです。

 

 

 

今井先生は、当院でも採用している「あいうべ体操」「ゆびのば体操」を考案した先生です。

 

このブログでも何度も紹介していますが、病巣疾患とは命の入り口である「鼻と口」の汚れや炎症が身体の離れた場所に症状が出る病気のことです。

 

口に中のありふれた病気やまちがった呼吸が多くの病気を引きをします。

 

それは皮膚、腎臓、呼吸器、神経系、アレルギー等の自己免疫疾患などと非常に多岐に渡ります。

 

それが口の中や呼吸とどう関係しているのかという疑問は多くの人が持ちのが当然ですし、昔は経験的に効果があると言われてました。

 

ただ最先端の研究でそれらを科学的にうらづける研究結果が出てきています。

 

今回は一般の人向けではなく、歯科医師に向けて「病巣疾患の歴史的背景と最近の研究結果」そして実際に歯科治療によって改善された多くの症例をみせてもらいました。

 

こちらも白熱の心に残る良いセミナーでした。

 

お二人の先生の行っていることはこのように違いますが、自分が持っている知識や技術で困っている患者さんを助けてあげたいという想いは同じです。

 

私もおふたりに負けないよう、患者さんによりそって治療をしていきます。

 

 

 

 

 

 

 


 >>Blogメニューへ


明けましておめでとうございます! 「口は生きるの一丁目」

(2020年1月6日 11:03 AM更新)


 

こんにちは、高井歯科医院です。

 

ついに2020年が始まりましたね。

 

今年はいろんなイベントがある年です。

 

当院も病院内で新たにチャレンジや改良をしていこうと思っています。

 

話は変わりますが、お正月中にとてもいいCMを見つけました。

 

 

人生100年の時代、歯の健康はとても大事なんです。

 

100年食べる、100年しゃべる、100年笑う。

 

それを実現するには毎日のケアが大事というCMです。

 

口は生きるの一丁目

 

いい言葉だと思います。

 

ぜひ今年も皆さんのお口の健康を維持するように、一緒に頑張ってケアしていきましょう!

 

 


 >>Blogメニューへ


今年もありがとうございました、来年もよろしくお願いします!

(2019年12月27日 7:53 PM更新)


 

こんにちは、高井歯科医院です。

 

本日12月27日をもって、年内の診療は終了させてもらいます。この一年間ありがとうございました。

 

台風やスタッフ体制などいろいろ変化の大きい一年でしたが、なんとか無事終えることができました。

 

来年も元気に皆さんのお口の中の健康を通して、全身の健康、そして楽しくて幸せな生活を支えるお手伝いをしたいなと考えています。

 

また2020年もオリンピックなどいろいろな出来事が控えてますが、笑顔でみなさんに会えるように正月を過ごそうと思っています。

 

新年の診療は1月4日(土)からとなります。

 

ではよいお年を。  来年もよろしくお願いします!

 

 


 >>Blogメニューへ


インフルエンザをあいうべ体操と歯磨きで防ぎましょう!

(2019年12月16日 9:57 AM更新)


 

こんにちは、高井歯科医院です。

 

今年もあと2週間ほどをのこすばかりになり、急に寒さが深まってきましたね。

 

当院の患者さんや私の知人でもインフルエンザにかかる人が多くなってきました。

 

インフルエンザにかかるととてもつらいので、シーズン前にワクチンをうつ方も多いです。

 

ワクチンも悪くないのですが、他にもいい予防策はあります。

 

それは福岡市のみらいクリニックの「今井一彰」先生が考案したあいうべ体操、そしてお口の中を綺麗にすること(ハミガキ)です。

 

 

あいうべ体操のやりかたはとっても簡単! あいうべとおおきく口を動かすのを30回やってもらうだけです。

 

当院では矯正を行うお子さんに全員やってもらってます。こつはゆっくり、大きくと意識することです。

 

この体操と、ハミガキをしっかりして元気にこの冬を過ごしてくださいね♪

 

 

 

 

 

 

 


 >>Blogメニューへ


舌癒着症、小児矯正(バイオブロック)のセミナーに参加しました。

(2019年12月9日 9:42 PM更新)


 

こんにちは、高井歯科医院です。

 

ここ1週間で2つの大きな講習会に参加しました。

 

まずは12月の2日、3日の週の初めに病院をお休みして、神奈川県に舌癒着症の講習会に参加です。

 

 

 

舌癒着症治療とは多くのお子さん(大人含む)が生まれつき舌の位置が正しくないため、軽い手術をして呼吸をしやすくする治療のことです。

 

呼吸が上手くいかず身体に充分な酸素が取り入れられなくなると、多くの病気や身体の不具合が出てくることがわかっています。

 

歯科の場合はそれは歯並びの悪さにつながります。

 

舌癒着症の治療を行っている向井先生の病院には多くのお子さんが来院しています。

 

とくにおっぱいが上手く飲めない、他の病院では「問題ない」と言われてが、子育てで悩んでいるお母さんが全国から駆け付けており、その悩みを解消して穏やかな表情でお子さんに接しているお母さんたちをみて感動させてもらいました。

 

次は8日日曜日にイギリスからこられたDrミュウによる小児矯正(バイオブロック)治療の講習会です。

 

 

 

20年ほど前から毎年お会いしていますが、90才を超えた現在でも治療に熱心に取り組んで世界中を回っている先生です。

 

今回も私の疑問にも丁寧に答えてもらい、また新しい情報をもらえました。

 

バイオブロック治療もまた鼻呼吸を大事にしている治療法の一つです。

 

この二つの治療法は表面上は大きくことなりますが、原因やその治療効果による健康へのメリットは共通しているものなんです。

 

今回また得られた知識と、お二人の先生からもらった情熱でまた当院での治療を頑張りたいと思った一週間でした♪

 

 


 >>Blogメニューへ


12月2日、3日は休診します。

(2019年12月1日 7:06 AM更新)


 

こんにちは、高井歯科医院です。

 

明日12月2日(月)より2日間、舌咽頭扁位症(舌癒着症)セミナーへの参加のため休診させてもらいます。

 

患者さんにはご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。

 


 >>Blogメニューへ


いれ歯治療のお手伝いに行ってきました。

(2019年11月24日 8:05 PM更新)


 

こんにちは、高井歯科医院です。

 

本日は日曜日でしたが、入歯の治療のお手伝いに参加しました。

 

 

 

前歯でかめる入歯(河原式義歯)は今現在使っている入歯を調整して、より食事がしやすくなる方法です。

 

またよく噛めることにより、より栄養が取りやすくなります

千葉県では歯科医師会のスローガンで8029運動を推奨しています。

 

これは80才でも美味しくお肉を食べて、身体のもとになるたんぱく質をしっかり取りましょうということです。

 

たんぱく質としっかりとらないと、身体は年齢と共にドンドン弱っていきます。

 

いつまでも美味しくお肉を食べれることは、寝たきり予防にもとてもいいんですよ。

 

今回はインストラクター助手として、一人の患者さんの入歯を調整させてもらいました。

 

私の担当した患者さんが、調整前に比べてリンゴやお肉を食べやすくなった様子が見れてうれしかったです。

 

今後もこの治療法が千葉県そして日本全国に広がって、食事に困るお年寄りが一人でも減ることを願ってます。

 

 

 

 

 

※申し訳ありませんが、現在高井歯科医院は個人宅、施設への往診診療は受け付けておりませんのでご了承ください。今回はインストラクター助手として参加しております。

 

 


 >>Blogメニューへ


医科歯科連携協力医講座(糖尿病に対して)に参加しました。

(2019年11月18日 5:52 PM更新)


こんにちは、高井歯科医院です。

土曜日は診療が終わった後、千葉市で医科歯科連携協力医講座として糖尿病に対する勉強をしてきました。

 

日本人の70才以上の高齢のかたが多くかかる糖尿病は、全身に影響する怖い病気で、最終的には視力や手足、そして命までも奪います。

 

危険な病なのですが、症状に幅があり多くの方がかかっているために「糖尿病を軽視している」かたが残念ながら多いのです。

 

その恐ろしい糖尿病を医科だけでなく、歯科の力を合わせて少なくしていこう!という学びの場でした。

 

通常糖尿病は内科さんなどで投薬や生活習慣指導で治療されます。

 

ただ最近は糖尿病の治療として、歯周病治療も同時に行われることが多くなりました。

 

糖尿病は歯周病で悪くなり、また糖尿病で歯周病は悪化するつながりがある病だからです。

 

なので当院では歯周病治療を通して、多くの糖尿病患者さんの力にもなっていきたいと思っています。


 >>Blogメニューへ


1 / 1412345...10...最後 »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Blogメニュー


関連タグ
ADHD MRC T4K いびき、おねしょ、はぎしり おやつ むし歯予防 アスペルガー セミナー トリガーポイント ペインクリニック ホワイトニング、安全なホワイトニング、安いホワイトニング ムーシールド ムーシールド、バイオブロック メタボリックシンドローム、肥満、脂肪肝、糖尿病、誤嚥性肺炎 代謝、糖質制限 休診 口腔ガン、舌ガン、膵がん、大腸がん、肺がん、乳がん 咬みあわせ、咬合、歯を守る、痛くない治療、神経を守る 唾液でがん検査 大網白里市、山武郡、東金市、土気、緑区、茂原市、白子、長南、長生、 姿勢 小児矯正、ムーシールド 東京デンタルショー 東北大震災、チャリティー、甲状腺、NPO、そらちね 機能矯正学界、高井歯科医院、症例発表、バイオブロック、MRC,小児矯正、抜かない矯正 歯周病、口腔ケア、糖尿病、周術期 渕稲葉勉強会、補綴、かみ合わせ、総義歯、総入歯、オクル‐ジョン 病巣疾患、慢性上咽頭炎、Bスポット、口呼吸、感染根管、掌握嚢胞、アトピー 発達障害 発達障害、うつ、不登校 睡眠障害、呼吸障害 矯正 胃ろう防止 自立支援 舌癒着症 良くかめる入れ歯 良くかめる入歯、前歯でかめる入歯、8029運動、フレイル予防、認知症予防、胃瘻予防 虫歯 スポーツドリンク 糖尿病 運動、スポーツ、パフォーマンス、口腔環境、口腔衛生 隠れ貧血 高タンパク 低糖質 高井歯科医院 高井歯科医院 入れ歯 認知症 高井歯科医院、求人、歯科助手 高井歯科医院 小児矯正 機能矯正 抜かない矯正 鼻うがい、インフルエンザ予防、あいうべ体操

▶Blogトップへ戻る