高井歯科医院Blog
| 2017 | 8月

なんで歯医者さんでゆびのば体操? ④

(2017年8月29日 11:41 AM更新)


 

こんにちは、高井歯科医院です。

 

前回は「なぜ身体の姿勢、重心が狂うと肺や気道に負荷がかかり、鼻呼吸が難しくなり、口呼吸が促されるか?」を説明しました。

 

口呼吸の害は以前から数回述べてますが、歯並びに非常に悪影響があります。

 

ですので当院ではお子さんの歯並びの治療にはこのゆびのば体操を導入しています。

 

またこのゆびのば体操は簡単で副作用もない良い体操なのですが、効果が15分ほどで消えてしまいます。

 

その効き目を維持させるためには今井先生の考案した「ゆびのばソックス」が役立つのです。

 

毎日のゆびのば体操はもちそん、ゆびのばソックスも使ってもらうのがベストです!!

 

当院では歯並び治療に使っていますが、ヒザや腰の痛み、歩くのつらい、などの問題がある人にもとても有効です。

 

なお当院では私が認定アドバイザー資格を持っています。

 

体操やソックスに興味のあるかたはメールなどでご質問くださいね~

 

 

 

 

 


 >>Blogメニューへ


なんで歯医者さんでゆびのば体操?③

(2017年8月21日 11:44 AM更新)


 

こんにちは、高井歯科医院です。お盆も終わりましたが、みなさん元気にお過ごしでしょうか?

 

1週お休みをもらいましたが、今回もゆびのば体操の話の続きです。

 

前回は「なぜ足に悪い癖があると姿勢や体の重心が狂うのか?」を簡単に説明しました。

 

で今回は「なぜ身体の姿勢、重心が狂うと肺や気道に負荷がかかり、鼻呼吸が難しくなり、口呼吸が促されるか?」を説明します。

 

 

これは鼻、口からの気道と肺のイラストです。気道は空気の管、肺は空気の詰まった風船のようなものですが、このイラストの白い部分が姿勢が悪くなると本来よりも狭くなるんですね。狭くなるとどうしても呼吸が鼻だけでは苦しくなり、口の呼吸が促されるのです※

 

 

 

またわかりやすい実験として猫背で深呼吸と、この写真のように胸を広げて深呼吸をして比べてみてください。

 

猫背のほうが呼吸が難しくありませんか?姿勢が呼吸に影響するのがわかってもらえたでしょうか?

 

みなさんもぜひ姿勢を正して、よい鼻呼吸を身につけてくださいね~。

 

 

 

※理解してもらうように簡略化しています。姿勢からの口呼吸の促進は他の要因もありますが今回は割愛してます。

 

 

 

 

 


 >>Blogメニューへ


なんで歯医者さんでゆびのば体操?②

(2017年8月8日 10:53 AM更新)


 

こんにちは、高井歯科医院です。もうすぐお盆ですね。

 

今回は前回に続いてなぜ足の指に悪い癖があると、身体の姿勢や重心が狂うか?の話をします。

 

ここでわかりやすく簡単な実験をしてみましょう!

 

机の上に手のひらを縮めた状態で手を置き、体重を手にかけてみてください。

 

                                      ※左が手を広げた状態、右が閉じてる状態です。

 

そして手のひらを机につけたまま、上半身を左右に軽く動かしてください。

 

この時に手首、肘、肩に掛かる負担を感じて覚えておいてくださいね

 

            ※手をついた状態で軽く左右に身体を動かしてみます。

 

 

次に手にひらを広げて同じように体重を手にかけてみてください。

 

どうでしょう、手首、ひじ、肩に掛かる負担が減っていませんか!?

 

多くの人は手のひらが開いていたほうが楽に身体が動けると思います。

 

これと同じようなことが足に起きているんですね。

 

しかも足は手よりもうんと長い時間で、そして歩くという大きな運動もします。

 

この負担は足首、ヒザ、腰に症状として現れます。

 

またこの負担で痛みが出ないように体は自然とバランスをとります。

 

 

これが結果として姿勢や重心の変化として出てきてしまうのです。

 

ですから結論を簡単にまとめると、

 

足の指は広げたほうがいい!そうしないと身体の姿勢や重心が狂います!

 

ということなんです。 わかってもらえましたか?

 

いまいちピンとこなかったら当院で聞いてくださいね~

 


 >>Blogメニューへ


なんで歯医者さんでゆびのば体操?①

(2017年8月1日 12:32 PM更新)


 

こんにちは、高井歯科医院です。

 

8月に入り、暑い日が続きますね。

 

今回は歯並びと足の悪いくせがどうして関係があるかを書いてみようと思います。

 

歯並びに悪影響をするのはいろいろな要素があります

その中の一つが足の指の悪い癖なのです。ここまでは前回に書きましたね。

 

ではどうして足の悪い癖が歯並びに影響するか、とてもカンタンに書いてみます。

 

〇足指に悪い癖があると身体の姿勢、重心が崩れます。

          ↓

〇身体の姿勢、重心が狂うと肺や気道に負荷がかかり、鼻呼吸が難しくなり、口呼吸が促されます

          ↓
〇口呼吸が多くなると歯並びが悪くなります。

 

どうでしょう、ちょっとつながってきましたか?

 

まずはこの足から口への流れ、つながる理由を知ってください。

 

 

ではそれぞれについては次回以降に詳しく説明していきます。


 >>Blogメニューへ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Blogメニュー



▶Blogトップへ戻る