高井歯科医院Blog
| ムーシールド

うけ口治療 ムーシールド症例③

(2017年11月21日 9:15 AM更新)


 

こんにちは、高井歯科医院です。

 

今回は最近当院で治療したお子さんの例を紹介したいと思います。

 

8才の男の子で、前歯が1本反対になっていました。そこで当院でムーシールド治療を行ったところ、5ヶ月でここまで改善できました。

 

 

 

 

この結果にはお子さん、親御さん、そして私も大満足です

 

もちろんお子さんと親御さんは装置の装着、体操、生活習慣などいろいろ協力してもらいました。

 

小さいお子さんの歯並びの悪さは、「大きくなるまで様子見にしましょう!」と歯科医に言われてしまうことが多いですが、年齢が低いと簡単な装置で低価格ですぐに治ってしまうことが多いんですよ。

 

 

お子さんの歯並びが気になる親御さんはぜひ一度当院で相談を受けてみてくださいね。

 

※親御さんの了解を得て写真を公開しています。

 

 


 >>Blogメニューへ


ムーシールド症例②

(2017年7月11日 8:34 AM更新)


 

こんにちは、高井歯科医院です。夏の季節がはじまり、そろそろ夏休みが来ますね。

 

 

実はお子さんの歯並びの治療を始めるには、夏休みは絶好の機会なのです。

 

 

それは学校がお休みなので、装置や体操にしっかり取り組めるからなんですね。

 

 

昨日も町の役場で3才児検診を行いましたが30人ほどのお子さんの中には、残念ながら将来的に歯並びの治療が必要なお子さんがちらほらいました。

 

 

小学校低学年までに歯並びの治療を行うと大抵は簡単に安価で綺麗に歯が並んでくれますよ~

 

 

今回は当院で治療した、うけ口の女の子がムーシールドという簡単な装置で治った動画、第二弾です。

 

 

 

 

 

 

 


 >>Blogメニューへ


ムーシールド。 4才8ヶ月の女の子の例です。

(2017年1月23日 7:39 AM更新)


こんにちは、高井歯科医院です。

 

今回は当院での女の子のムーシールド症例です。

 

4歳8か月からスタートして、装置を入れて4か月でジャンプしました。

 

小さい時から始めると結果がでるのが簡単です。

 

治療前の写真

 

 

 

 

治療後の写真

 

 

 

 

受け口だったのが短い間で綺麗な歯並びになったのがわかるでしょうか?

かわいい女の子がうけ口のままだとかわいそうですよね。

 

うけ口をほっといたままで、大人になってから治療をすると、ワイヤーでの高額な治療や最悪手術が必要になってしまいます。

 

ですけれど小さいころから治療をすると治療期間や治療費を大幅に節約できます♪

 

うけ口のお子さんがいるご家庭は、大人(永久歯)なるまで様子見にせずに、ぜひ検討してくださいね。

 

※患者さんのご両親の了解えて写真掲載をしています。

 

 

 

 


 >>Blogメニューへ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Blogメニュー



▶Blogトップへ戻る