高井歯科医院Blog
| なぜ歯が抜けたら放置してはいけないのか? ブリッジ、入れ歯、インプラント?

なぜ歯が抜けたら放置してはいけないのか? ブリッジ、入れ歯、インプラント?

(2017年4月17日 9:31 AM更新)


こんにちは、高井歯科医院です。

 

今回は面白い動画を見つけたのでみなさんに紹介をします。

 

実は奥歯を抜いてそのままにしている患者さんは多くいます。やはり前歯と違って見えにくいのでそのままでもいいや!と思ってしまうんですね。

 

だけど抜いたままにしておくといろいろな害が大きい範囲で出てきます。

 

それを口で説明するよりもわかりやすくした動画がこれです!

As consequências da perda de UM dente

FANTÁSTICO VÍDEO!As consequências da perda de UM dentewww.ortoblog.com

OrtoBlogさんの投稿 2015年2月2日

 

抜いた歯の上や隣の歯が動いてしまう。そうすると汚れが付きやすくなり、虫歯や歯周病になりやすくなります。

 

また歯が動くと噛みあわせが狂って、それをコントロールしている顎の関節にも害(痛みや開かないなど)が出てきます。

 

ただこのような問題は抜いた直後には起こりません。抜いてから半年~数年かけて起きてきます。

 

ですので患者さんはその害を実感しづらいのですね。

 

このような結果になってから元の状態にするのはとても大変なのです。

 

だから皆さんも抜けたところはほっとかないで、歯医者さんと相談してくださいね~

 

 


前へ:«
次へ: »
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Blogメニュー


関連タグ
ADHD MRC T4K いびき、おねしょ、はぎしり おやつ むし歯予防 アスペルガー トリガーポイント ペインクリニック ホワイトニング、安全なホワイトニング、安いホワイトニング ムーシールド ムーシールド、バイオブロック メタボリックシンドローム、肥満、脂肪肝、糖尿病、誤嚥性肺炎 代謝、糖質制限 口腔ガン、舌ガン、膵がん、大腸がん、肺がん、乳がん 咬みあわせ、咬合、歯を守る、痛くない治療、神経を守る 唾液でがん検査 姿勢 小児矯正、ムーシールド 東北大震災、チャリティー、甲状腺、NPO、そらちね 機能矯正学界、高井歯科医院、症例発表、バイオブロック、MRC,小児矯正、抜かない矯正 歯周病、口腔ケア、糖尿病、周術期 渕稲葉勉強会、補綴、かみ合わせ、総義歯、総入歯、オクル‐ジョン 病巣疾患、慢性上咽頭炎、Bスポット、口呼吸、感染根管、掌握嚢胞、アトピー 発達障害 発達障害、うつ、不登校 睡眠障害、呼吸障害 矯正 胃ろう防止 自立支援 良くかめる入れ歯 虫歯 スポーツドリンク 糖尿病 運動、スポーツ、パフォーマンス、口腔環境、口腔衛生 隠れ貧血 高タンパク 低糖質 高井歯科医院 入れ歯 認知症 高井歯科医院、求人、歯科助手 高井歯科医院 小児矯正 機能矯正 抜かない矯正 鼻うがい、インフルエンザ予防、あいうべ体操

▶Blogトップへ戻る