高井歯科医院Blog
| 機能矯正学界、高井歯科医院、症例発表、バイオブロック、MRC,小児矯正、抜かない矯正

受け口の治療例(ムーシールド) 小さい子の受け口は早めに治しましょう!

(2020年9月12日 9:35 PM更新)


 

こんにちは、高井歯科医院です。

 

アッというまに夏休みも終わってしまい、ブログもすこし間が空いてしまいました((・_・;)

 

また頑張って続けていこうと思います。

 

今回は当院で治療をした4歳の女の子の例です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

口腔内:令和2年6月8日>7月8日>8月7日>9月10日 撮影

 

顔貌 :令和2年6月8日>9月10日 撮影

 

 

6月に治療をはじめ、9月には受け口の状態は大きく改善しました。

また笑顔もとても素敵になりましたよ!

4才での治療は比較的早いのですが、装置と体操を頑張ってくれたのでとても満足のいく結果を出せたと思います。

 

常受け口の治療は成人になってからの治療は難しいのですが、多くの歯科医院で「大人の歯が全部生えてから治療しましょう。それまでは様子見にしましょうね。」と言われてしまいがちです。

 

ですが小学校低学年までの間に治療を始めると簡単に、つまり治療期間や費用が安く済むことが多いのです。

 

もちろん永久歯を全部きれいに生えるためには、高校生になるまでは病院で定期検診を受けたほうがいいのですが、大人になってワイヤー矯正や手術をするよりもとても簡単です。

 

受け口はお子さんの将来に大きく影響を及ぼしてしまいます。

乳歯があるうちにぜひ治療を始めてくださいね。

 

 

 

※親御さんの了解をえて掲載しています。

 

 

 


 >>Blogメニューへ


歯並びは気管支ぜんそくにも影響している?!

(2020年7月26日 9:37 PM更新)


 

こんにちは、高井歯科医院です。

 

ぐずついた天気の4連休も終わりましたね。

 

また気分一新で頑張りたいと思います!

 

今回は喘息と歯並びの関係についてです。

 

まずは今井一彰先生のヨミドクターのコラムを読んでみてください。

 

歯並びは気管支ぜんそくにも関係している!?

 

現在でも喘息はハウスダストや花粉などのアレルゲン、気圧の変化などで起こり、ステロイド吸入器が主な対処療法というのが主流の考えになっています。

 

私も小児ぜんそくをもっていたのでこの診断と薬にはとても助けられましたが、やはり原因の口呼吸、またアレルゲンの摂取を控えなければ根本的な治療、治癒にはなりません。

 

また何度も言うようにこの口呼吸を治さなければ喘息が治らないだけでなく、歯並び、虫歯、歯周病などのお口のなかにも影響してしまいます。

 

身体はつながっているのです。

 

ですから当院では歯並びの治療をするときは鼻で息をする重要性を何回も説明します。

 

お子さんの歯並び、喘息、を含めて健やかに育てるには正しい呼吸と正しい食事が大事なのと知ってほしい院長でした♪

 

 

 

※喘息の治療は呼吸器、小児科の医師の先生の診療をしっかり受けてください。

安易なお薬の中断はとても危険です。

 

 

 

 

 

 


 >>Blogメニューへ


受け口への当院での治療例(ムーシールド症例)

(2020年4月29日 8:16 AM更新)


 

こんにちは、高井歯科医院です。

 

今回は当院での治療例についてお話しします。

 

 

写真は左上より2019年9月27日→2020年1月31日→2020年4月27日の変化 ※保護者の同意を得て写真を掲載しています。

 

13才の男の子の症例です。

 

彼はムーシールド治療を行うには年齢が高すぎるので、他院でのワイヤーを使う通常矯正治療方法を当初提案させてもらいました。

 

ですが通常矯正を経験したお父さんの「子供に痛い思いをさせたくない」という強いお気持ちがあり、当院で治療を開始しました。

 

始める年齢が遅く(通常は6才程度から)、歯並びの程度も難易度が高いものでしたが、彼の頑張りが素晴らしく、半年ほどで前歯の2本は前方へジャンプし、見た目は大きく変化しました。

 

歯並びだけでなく、彼の顔つきもとても美しくなりました。

 

また呼吸も以前に比べて楽になったようです。

 

成長が止まる18歳まで装置は使ってもらうことになりますが、彼なら頑張って健康で美しい口と体に育ってくれると確信しています。

 

 

 

 

 


 >>Blogメニューへ


明けましておめでとうございます! 「口は生きるの一丁目」

(2020年1月6日 11:03 AM更新)


 

こんにちは、高井歯科医院です。

 

ついに2020年が始まりましたね。

 

今年はいろんなイベントがある年です。

 

当院も病院内で新たにチャレンジや改良をしていこうと思っています。

 

話は変わりますが、お正月中にとてもいいCMを見つけました。

 

 

人生100年の時代、歯の健康はとても大事なんです。

 

100年食べる、100年しゃべる、100年笑う。

 

それを実現するには毎日のケアが大事というCMです。

 

口は生きるの一丁目

 

いい言葉だと思います。

 

ぜひ今年も皆さんのお口の健康を維持するように、一緒に頑張ってケアしていきましょう!

 

 


 >>Blogメニューへ


舌癒着症、小児矯正(バイオブロック)のセミナーに参加しました。

(2019年12月9日 9:42 PM更新)


 

こんにちは、高井歯科医院です。

 

ここ1週間で2つの大きな講習会に参加しました。

 

まずは12月の2日、3日の週の初めに病院をお休みして、神奈川県に舌癒着症の講習会に参加です。

 

 

 

舌癒着症治療とは多くのお子さん(大人含む)が生まれつき舌の位置が正しくないため、軽い手術をして呼吸をしやすくする治療のことです。

 

呼吸が上手くいかず身体に充分な酸素が取り入れられなくなると、多くの病気や身体の不具合が出てくることがわかっています。

 

歯科の場合はそれは歯並びの悪さにつながります。

 

舌癒着症の治療を行っている向井先生の病院には多くのお子さんが来院しています。

 

とくにおっぱいが上手く飲めない、他の病院では「問題ない」と言われてが、子育てで悩んでいるお母さんが全国から駆け付けており、その悩みを解消して穏やかな表情でお子さんに接しているお母さんたちをみて感動させてもらいました。

 

次は8日日曜日にイギリスからこられたDrミュウによる小児矯正(バイオブロック)治療の講習会です。

 

 

 

20年ほど前から毎年お会いしていますが、90才を超えた現在でも治療に熱心に取り組んで世界中を回っている先生です。

 

今回も私の疑問にも丁寧に答えてもらい、また新しい情報をもらえました。

 

バイオブロック治療もまた鼻呼吸を大事にしている治療法の一つです。

 

この二つの治療法は表面上は大きくことなりますが、原因やその治療効果による健康へのメリットは共通しているものなんです。

 

今回また得られた知識と、お二人の先生からもらった情熱でまた当院での治療を頑張りたいと思った一週間でした♪

 

 


 >>Blogメニューへ


歯並びの治療(矯正)を途中で辞めちゃうと怖いことになっちゃいます…

(2019年8月21日 3:15 PM更新)


 

こんにちは、高井歯科医院です。

 

みなさん、夏休みは楽しく過ごせましたか?

 

お子さんはまだまだ夏休みを楽しんでいるころだと思います。

 

さて今回は残念な写真を載せます。

 

 

これは当院で治療を途中で諦めてしまったお子さんのその後の写真です

 

当院ではお子さんの歯並びの治療を行っています。

 

多くのお子さんが綺麗な歯並びで治療を終えていきますが、残念ながら途中で挫折してしまう子もいるんです😢

 

さらにその時はあまり歯並びが悪くないからいいや!と思っても後からドンドン悪くなることが多いのです

ドンドン、ドンドンです…

 

特に犬歯(糸切り歯)がにょきと八重歯になってしまうことが多いです。

 

こうなるともちろん見た目が悪くなりまし、歯の寿命も短くなります。

 

また顎の動きが悪くなるので、顎の関節の病気(顎関節症)になる可能性まで出てきます。

 

これを綺麗に並べるためには歯を抜いて、ワイヤーを使う治療でないと難しいと思います。

 

先生の言うことをちゃんと守ってもらえると、多くの人が綺麗な歯並びになります。

 

夏休みは歯並び治療にしっかり取り組むチャンスです。

 

ぜひ途中で諦めないで、毎日装置をしっかり入れて、習った体操も続けてくださいね☺️

 

 

 

 

 

 

※患者さん本人と親御さんの許可を得て写真を掲載しています。


 >>Blogメニューへ


出っ歯は小学生低学年から治せます。 見過ごさないでください。

(2019年7月16日 9:12 AM更新)


 

こんにちは、高井歯科医院です。

 

梅雨のぐずついた天気が続いていますね。みなさん体調は大丈夫ですか?

 

今回もお子さんの歯並びの話です。

 

お子さんの歯並びが悪くて心配している親御さんは多いと思います。

 

かかりつけの先生に質問して「永久歯が全部生える中学生まで様子をみましょう!」

 

と言われたかたもいるのではないでしょうか?

 

また通常の矯正治療は永久歯を数本抜いてスペースを作り、ワイヤーで整えます。

 

確かに大学では今でも学生にそのように教えています。ですがここ20年ほどで歯並びの治療は大きく変わってきています。

 

 

 

写真は当院で治療をしている10歳の男のです。上が平成30年3月22日、下が令和元年7月9日のものです。

 

つよい出っ歯だったのが、1年半ほどでずいぶん綺麗な歯並びになったのがわかりますか?

 

当院の治療ではこの男の子の歯を抜いたり、ワイヤーを使っていません。

 

小学校低学年で治療を始めれば、大抵の悪い歯並びは「歯を抜いたり、ワイヤーを使わないで」に綺麗に並べることができます。

 

通常のワイヤー矯正もメリットがありますが、抜かない矯正の健康上のメリットはとても大きいです。

 

また早期に治療を始めれば、治療費を安く抑えることもできます。

 

ぜひ小学生低学年の「歯並びを良くするチャンス」を逃がさないようにしてください!

 

 

 

※親御さんに了解を得て写真を掲載しています。

 

※治療方法、結果には個人差があります。

 

 

 

 

 

 


 >>Blogメニューへ


お子さんの姿勢は大丈夫ですか?

(2019年6月28日 3:14 PM更新)


 

こんにちは、高井歯科医院です。

 

梅雨入りした関東は台風が来たりして、落ち着きませんね。

 

今日はお子さんの姿勢の話です。

 

 

この写真は当院での待合室でのあるお子さんの写真です。

 

みなさんはこの写真の姿勢をみてどうおもいますか?

 

じつはこの姿勢はとても健康に悪いのです。

 

呼吸が上手くいかず、体幹の筋肉は鍛えられない、首や顎の筋肉などに過度の力がかかります。

 

その結果、歯並びも悪くなってしまうんです!

 

え~姿勢が歯並びに影響するの?と思われるでしょうが、長時間の悪い姿勢は歯並びだけでなく、体中に悪影響をしてしまうのです。

 

スマホやゲーム機の普及で小さい時からこのような悪い姿勢を長時間してしまうことは多いと思います。

 

また実際に楽に長時間過ごせます。

 

でもこの姿勢は寝たきり老人のかたに近い状態なんですね。

 

ゲームをするなとはいいません(院長も好きですw)。でもゲームをするときは足は地面にしっかりつけて、背筋を伸ばし、椅子は浅く腰掛けてください。

 

またご両親は大事になお子さんに、背筋を伸ばすように声をかけてあげてください。

 

そうすると綺麗な身体にお子さんが育ってくれますよ。

 

私は身体を美しくすると書いて躾という言葉が大好きです。

 

 

 

※写真の掲載に関しては親御さんの許可を得ています。

 

 

 

 

 

 

 


 >>Blogメニューへ


お子さんの呼吸と睡眠は大事です!

(2019年5月20日 8:45 AM更新)


 

こんにちは、高井歯科医院です。

 

当院では小さいお子さんの矯正を行っています。

 

そこで良くみられるのが、歯並びに問題のある子は呼吸や睡眠に問題があることが多いのです。

 

では実際にどのように問題が症状にでるかというと、鼻で上手く息ができない結果「いびき、歯ぎしり、ねむりが浅い、おねしょ、多尿。」などにつながります。

 

最近の研究でお子さんの脳の発達は睡眠時に多くつくられるという研究データが出ています(詳しくは小児科医の三池輝久先生の書籍を参考にしてください。)

 

そして睡眠障害による結果は、のちに不登校、発達障害、うつ、など肉体的だけでなく社会的問題へ進展します。

 

つまりいい睡眠をとるということは、お子さんの人生を作っていくうえでとても大事なんですね。

 

 

今回、歯並びの治療をはじめて3か月のお母さんからこのようなメモをもらいました。

 

 

お子さんの睡眠についての変化です。

 

私はとても嬉しく、感激しました!

 

なぜならこれらを治すのは簡単なようでいて、とても難しいことなのです。

 

お子さんとお母さんが協力して治療を頑張ると、このようなことが短期で起きてきます。

 

歯並びももちろんそうですが、睡眠をしっかりとることはお子さんの人生を左右します。

 

この大事なことが多くの人に伝わるように、高井歯科医院はこれからもがんばっていこうと思います。

 

※結果には個人差があります。

 

※親御さんの許可を得て掲載しています。

 

 

 

 


 >>Blogメニューへ


小児矯正(バイオブロック療法)の講演会に参加してきました。

(2018年12月10日 8:40 AM更新)


 

こんにちは、高井歯科医院です。

 

12月に入り比較的暖かい日が続いてましたが、急に冷え込んできましたね

。昨日は東京でDR mewによるバイオブロックセミナー講演会に参加してきました。

mew先生は90才を超えられましたが、相変わらずお元気で、講演も周りが時間を気にするほど最後まで熱心にお話をされてました。

 

私は約20年ほど前に始めて講演に参加させてもらいましたが、20年前と変わらない信念と知識、そして情報と技術のアップデートをたゆまなく続けている先生の姿勢に毎回感動させられます。


今回も自分の中で「バイオブロック療法」という、歯を抜かないで歯並びと顔を美しくしながら、子供達を健康にするという治療法をより深く理解できたと思います。

 

勉強に終わりはありませんが、年内最後の講演参加でミュウ先生にお会いできて本当にエネルギーをもらいました。

 

この学びをまた今日から患者さんへ還元していきたいと思ってます。

 

        最後にMew先生と記念写真を撮らせてもらいました。

 >>Blogメニューへ


1 / 212

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Blogメニュー


関連タグ
ADHD MRC T4K いびき、おねしょ、はぎしり おやつ むし歯予防 アスペルガー コロナウィルス、口腔ケア、肺炎予防、インフルエンザ予防 トリガーポイント ペインクリニック ホワイトニング、安全なホワイトニング、安いホワイトニング ムーシールド ムーシールド、バイオブロック メタボリックシンドローム、肥満、脂肪肝、糖尿病、誤嚥性肺炎 代謝、糖質制限 口腔ガン、舌ガン、膵がん、大腸がん、肺がん、乳がん 咬みあわせ、咬合、歯を守る、痛くない治療、神経を守る 唾液でがん検査 大網白里市、山武郡、東金市、土気、緑区、茂原市、白子、長南、長生、 姿勢 小児矯正、ムーシールド 強酸性水、次亜塩素酸水 東京デンタルショー 東北大震災、チャリティー、甲状腺、NPO、そらちね 機能矯正学界、高井歯科医院、症例発表、バイオブロック、MRC,小児矯正、抜かない矯正 歯周病、口腔ケア、糖尿病、周術期 渕稲葉勉強会、補綴、かみ合わせ、総義歯、総入歯、オクル‐ジョン 病巣疾患、慢性上咽頭炎、Bスポット、口呼吸、感染根管、掌握嚢胞、アトピー 発達障害 発達障害、うつ、不登校 睡眠障害、呼吸障害 矯正 胃ろう防止 自立支援 良くかめる入れ歯 良くかめる入歯、前歯でかめる入歯、8029運動、フレイル予防、認知症予防、胃瘻予防 虫歯 スポーツドリンク 糖尿病 運動、スポーツ、パフォーマンス、口腔環境、口腔衛生 院内感染予防、インフルエンザ、コロナ、手指消毒、 隠れ貧血 高タンパク 低糖質 高井歯科医院 高井歯科医院 入れ歯 認知症 高井歯科医院、求人、歯科助手 高井歯科医院 小児矯正 機能矯正 抜かない矯正 鼻うがい、インフルエンザ予防、あいうべ体操

▶Blogトップへ戻る