高井歯科医院Blog
| メタボリックシンドローム、肥満、脂肪肝、糖尿病、誤嚥性肺炎

フロスしますか?それとも死にますか? Floss or Dieについて

(2018年12月17日 8:42 AM更新)


 

こんにちは、高井歯科医院です。

 

12月も半分がすぎ、あともう少しで今年も終わりますね。

 

 

ところでみなさんFloss or DIe(フロスオアダイ)って言葉を聞いたことがありますか?

 

これは日本語では「フロスをしますか?それとも死にますか?」という意味です。

 

アメリカでは歯磨きはもちろん、補助のフロスも重要視されてこのような標語ができたんですね。

 

 

 

イラストからもわかるようにお口の中だけでなく、心臓、肺、胃、腎臓まで歯の間の汚れが悪影響します。

 

歯磨きが上手な方でも、歯と歯の間に汚れが残ってしまうのは良くあることなのです。

 

 

来年の新しい目標にデンタルフロスをはじめる!というのはどうでしょうか?

 


 >>Blogメニューへ


病巣疾患とは③

(2018年10月9日 11:19 AM更新)


 

こんにちは、高井歯科医院です。

 

みなさん、三連休は運動会やいろいろなイベントで充実してましたか?

 

私は横浜のデンタルショーで新しい材料や機械などを勉強してきました。

 

さて病巣疾患の続きを書きたいと思います。

 

前回はお口の中や鼻の奥(上咽頭)に問題があると皮膚に問題が起きる場合があることを述べました。

 

今回は代謝疾患(糖尿病、メタボリックシンドローム等)と呼吸器疾患です。

 

 

 

これらももう前から言われていることですね。

 

あらためて説明すると歯周病があるとその影響で糖尿病が悪化する、また良くかめなくなるとバランスの良い食事ができなくなると肥満になりやすく、結果メタボリックシンドロームや脂肪肝になってしまいます。

 

 

そしてお口の中が汚れていると、風邪や肺炎、とくに高齢者は誤嚥性肺炎を起こしやすくなります。実際高齢者さんの施設で口腔内の状況を改善すると肺炎になりにくくなるというデーターも出ています。

 

このように一見お口とは関係ない所の場所に害が出てしまうのが、これらの怖い所です。

 

ですので高井歯科医院はお口の中の状態を綺麗に保つようにクリーニングと定期健診をお勧めしています!

 

 

 


 >>Blogメニューへ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Blogメニュー



▶Blogトップへ戻る