高井歯科医院Blog
| メタボリックシンドローム、肥満、脂肪肝、糖尿病、誤嚥性肺炎

2つのセミナーに参加しました。

(2020年1月14日 8:56 PM更新)


 

こんにちは、高井歯科医院です。

 

1月12日の3連休の中日に、2つのセミナーに参加しました。

 

1つは金子雅俊先生による、「分子整合栄養医学」という栄養学に関してです。

 

 

 

 

 

ノーベル賞を2度受賞しているライナス・ポーリング博士が提唱し、オーソモレキュラーという名前でも知られています。

 

簡単に概論を述べると、「それぞれの血液検査をして身体に必要な栄養素を知り、それを既存の栄養学より多めに摂取することにより病気を治す、又は予防する。」というものです。

 

実際にその栄養学を実践された人の意見を聴くと、かなり体調に良い効果があるようです。

 

その分子整合栄養医学の歴史的成り立ち、またポーリング博士のお人柄なども学ぶことができた良いセミナーでした。

 

 

もう一つは私も参加している病巣疾患研究会でも活躍している今井一彰先生のセミナーです。

 

 

 

今井先生は、当院でも採用している「あいうべ体操」「ゆびのば体操」を考案した先生です。

 

このブログでも何度も紹介していますが、病巣疾患とは命の入り口である「鼻と口」の汚れや炎症が身体の離れた場所に症状が出る病気のことです。

 

口に中のありふれた病気やまちがった呼吸が多くの病気を引きをします。

 

それは皮膚、腎臓、呼吸器、神経系、アレルギー等の自己免疫疾患などと非常に多岐に渡ります。

 

それが口の中や呼吸とどう関係しているのかという疑問は多くの人が持ちのが当然ですし、昔は経験的に効果があると言われてました。

 

ただ最先端の研究でそれらを科学的にうらづける研究結果が出てきています。

 

今回は一般の人向けではなく、歯科医師に向けて「病巣疾患の歴史的背景と最近の研究結果」そして実際に歯科治療によって改善された多くの症例をみせてもらいました。

 

こちらも白熱の心に残る良いセミナーでした。

 

お二人の先生の行っていることはこのように違いますが、自分が持っている知識や技術で困っている患者さんを助けてあげたいという想いは同じです。

 

私もおふたりに負けないよう、患者さんによりそって治療をしていきます。

 

 

 

 

 

 

 


 >>Blogメニューへ


明けましておめでとうございます! 「口は生きるの一丁目」

(2020年1月6日 11:03 AM更新)


 

こんにちは、高井歯科医院です。

 

ついに2020年が始まりましたね。

 

今年はいろんなイベントがある年です。

 

当院も病院内で新たにチャレンジや改良をしていこうと思っています。

 

話は変わりますが、お正月中にとてもいいCMを見つけました。

 

 

人生100年の時代、歯の健康はとても大事なんです。

 

100年食べる、100年しゃべる、100年笑う。

 

それを実現するには毎日のケアが大事というCMです。

 

口は生きるの一丁目

 

いい言葉だと思います。

 

ぜひ今年も皆さんのお口の健康を維持するように、一緒に頑張ってケアしていきましょう!

 

 


 >>Blogメニューへ


医科歯科連携協力医講座(糖尿病に対して)に参加しました。

(2019年11月18日 5:52 PM更新)


こんにちは、高井歯科医院です。

土曜日は診療が終わった後、千葉市で医科歯科連携協力医講座として糖尿病に対する勉強をしてきました。

 

日本人の70才以上の高齢のかたが多くかかる糖尿病は、全身に影響する怖い病気で、最終的には視力や手足、そして命までも奪います。

 

危険な病なのですが、症状に幅があり多くの方がかかっているために「糖尿病を軽視している」かたが残念ながら多いのです。

 

その恐ろしい糖尿病を医科だけでなく、歯科の力を合わせて少なくしていこう!という学びの場でした。

 

通常糖尿病は内科さんなどで投薬や生活習慣指導で治療されます。

 

ただ最近は糖尿病の治療として、歯周病治療も同時に行われることが多くなりました。

 

糖尿病は歯周病で悪くなり、また糖尿病で歯周病は悪化するつながりがある病だからです。

 

なので当院では歯周病治療を通して、多くの糖尿病患者さんの力にもなっていきたいと思っています。


 >>Blogメニューへ


砂糖は多くの飲食に入っているんです!

(2019年5月13日 9:48 AM更新)


 

こんにちは、高井歯科医院です。

 

砂糖はむし歯の原因の最たるものですが、多くの食事やおやつに含まれています。

 

実際の食事の中に角砂糖が何個分入っているか?という写真がありましたので、わかりやすいので紹介します。

 

 

お菓子はもちろんですが、コーヒーショップのカフェやエナジードリンクなどの飲料のなかにも多くの砂糖が入っているんですよ。

 

恐いですね😱

 

毎日仕事や勉強の時に飲んでいる人も多いと思いますが、これは歯の大敵です!

 

みなさんもできたらおやつは果物を、飲み物は水やお茶にしてもらいたいですね。

 

ケーキやジュースは誕生日はクリスマスなどの特別な時にだけしましょう。

 

写真のなかに一枚だけ恋の甘さがあります。これはいくら甘くてもいいですよ♪


 >>Blogメニューへ


フロスしますか?それとも死にますか? Floss or Dieについて

(2018年12月17日 8:42 AM更新)


 

こんにちは、高井歯科医院です。

 

12月も半分がすぎ、あともう少しで今年も終わりますね。

 

 

ところでみなさんFloss or DIe(フロスオアダイ)って言葉を聞いたことがありますか?

 

これは日本語では「フロスをしますか?それとも死にますか?」という意味です。

 

アメリカでは歯磨きはもちろん、補助のフロスも重要視されてこのような標語ができたんですね。

 

 

 

イラストからもわかるようにお口の中だけでなく、心臓、肺、胃、腎臓まで歯の間の汚れが悪影響します。

 

歯磨きが上手な方でも、歯と歯の間に汚れが残ってしまうのは良くあることなのです。

 

 

来年の新しい目標にデンタルフロスをはじめる!というのはどうでしょうか?

 


 >>Blogメニューへ


病巣疾患とは③

(2018年10月9日 11:19 AM更新)


 

こんにちは、高井歯科医院です。

 

みなさん、三連休は運動会やいろいろなイベントで充実してましたか?

 

私は横浜のデンタルショーで新しい材料や機械などを勉強してきました。

 

さて病巣疾患の続きを書きたいと思います。

 

前回はお口の中や鼻の奥(上咽頭)に問題があると皮膚に問題が起きる場合があることを述べました。

 

今回は代謝疾患(糖尿病、メタボリックシンドローム等)と呼吸器疾患です。

 

 

 

これらももう前から言われていることですね。

 

あらためて説明すると歯周病があるとその影響で糖尿病が悪化する、また良くかめなくなるとバランスの良い食事ができなくなると肥満になりやすく、結果メタボリックシンドロームや脂肪肝になってしまいます。

 

 

そしてお口の中が汚れていると、風邪や肺炎、とくに高齢者は誤嚥性肺炎を起こしやすくなります。実際高齢者さんの施設で口腔内の状況を改善すると肺炎になりにくくなるというデーターも出ています。

 

このように一見お口とは関係ない所の場所に害が出てしまうのが、これらの怖い所です。

 

ですので高井歯科医院はお口の中の状態を綺麗に保つようにクリーニングと定期健診をお勧めしています!

 

 

 


 >>Blogメニューへ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Blogメニュー


関連タグ
ADHD MRC T4K いびき、おねしょ、はぎしり おやつ むし歯予防 アスペルガー セミナー トリガーポイント ペインクリニック ホワイトニング、安全なホワイトニング、安いホワイトニング ムーシールド ムーシールド、バイオブロック メタボリックシンドローム、肥満、脂肪肝、糖尿病、誤嚥性肺炎 代謝、糖質制限 休診 口腔ガン、舌ガン、膵がん、大腸がん、肺がん、乳がん 咬みあわせ、咬合、歯を守る、痛くない治療、神経を守る 唾液でがん検査 大網白里市、山武郡、東金市、土気、緑区、茂原市、白子、長南、長生、 姿勢 小児矯正、ムーシールド 東京デンタルショー 東北大震災、チャリティー、甲状腺、NPO、そらちね 機能矯正学界、高井歯科医院、症例発表、バイオブロック、MRC,小児矯正、抜かない矯正 歯周病、口腔ケア、糖尿病、周術期 渕稲葉勉強会、補綴、かみ合わせ、総義歯、総入歯、オクル‐ジョン 病巣疾患、慢性上咽頭炎、Bスポット、口呼吸、感染根管、掌握嚢胞、アトピー 発達障害 発達障害、うつ、不登校 睡眠障害、呼吸障害 矯正 胃ろう防止 自立支援 舌癒着症 良くかめる入れ歯 良くかめる入歯、前歯でかめる入歯、8029運動、フレイル予防、認知症予防、胃瘻予防 虫歯 スポーツドリンク 糖尿病 運動、スポーツ、パフォーマンス、口腔環境、口腔衛生 隠れ貧血 高タンパク 低糖質 高井歯科医院 高井歯科医院 入れ歯 認知症 高井歯科医院、求人、歯科助手 高井歯科医院 小児矯正 機能矯正 抜かない矯正 鼻うがい、インフルエンザ予防、あいうべ体操

▶Blogトップへ戻る